高値で取引をする|住み良い部屋で生活をスタート!不動産関連業者に頼って理想の部屋を

住み良い部屋で生活をスタート!不動産関連業者に頼って理想の部屋を

男性

高値で取引をする

家族

任意売却は競売に比べて高値で売却できるのがメリットです。ただ、実際にどのくらいで売れるのかが気になるところでしょう。売却価格は土地柄、住宅の状態、需要などにより異なるため一概に幾らという基準はありません。ただ、市場相場に沿った価格で売ることは期待できるでしょう。また、任意売却を依頼する業者の腕次第でもあります。任意売却業者には仲介業者と買取業者が存在します。高価買取りを期待するなら幅広く買い手を集められる仲介業者がいいとされていますが、買い手が集まるか分からないというリスクはあるため、確実に売りたいのなら買取業者がいいでしょう。どちらが良いとは言い切れないため、業者選びは慎重に行ってください。

任意売却が一般化したのはバブル崩壊後です。そもそも任意売却は不景気により住宅ローンの返済ができなくなったしまった債務者が取る手段ですので、住宅ローンの返済ができている以上は行う必要がありません。バブル崩壊後は、バブル時に購入した不動産の返済ができなくなる債務者が増加し、すると金融機関も債務を回収できなくなってしまったため、金融機関を助けるために債務者に任意売却が勧められるようになりました。つまり任意売却の利用率は景気に左右されるということでもあります。現在、景気は回復傾向にあるとされていますが、一般市民はまだ不景気にあえぐ時代が続いています。よって任意売却の利用者はまだまだ減ることはないでしょう。